公認会計士が公正な立場で価値算定業務を実施いたします

高額取引については、特に透明性が強く求められ、市場価額がないものを取引する場合は、相見積もりを取ったり、専門家の評価書を入手しなければならないケースが見られます。
エイゾン・パートナーズでは、第三者的立場の専門家として、各種価値算定業務を累計100件以上実施しています。

こんな会社様へのサービスです

▷ M&Aの際に、対象会社の株価算定を行いたい
▷ 新株予約権の発行にあたり、その評価を行いたい
▷ 特許権を購入するにあたり、適正な価額を求めたい 等

※ 未上場会社による、自社株の算定を行いたい等のリクエストもお受けしております

エイゾン・パートナーズでは、バリュエーションに関する多数の経験と実績によって、様々なケースのバリュエーションを実施いたします。なお、上記事例以外にも様々なケースに対応いたしますので、お気軽にご相談ください。

料金プラン(株価算定等)

具体的な料金につきましてはお話を伺ってからのお見積りとさせていただきます。

料金は「業務リスク」、「業務難易度(工数・技術)」、「レポート提出期限」を総合的に勘案の上決定させていただきます。
なお、「業務リスク」が低く、「業務難易度」が高くない場合の料金体系は原則下記とさせていただいております。

業務リスク 業務難易度 レポート提出期限 報酬額(税抜)
通常 200,000円
早期 300,000円
通常 通常 300,000円
通常 早期 400,000円

各種バリュエーションの関与実績例(報酬額は税抜)
東証マザーズ上場I社 実施概要 未上場会社の株式(100%)を取得するための株価算定業務。
DCF法により株価を算定。依頼会社に比して対象会社の規模は小さく、また、将来計画は会社によって過年度の実績を反映の上、保守的に作成されていたため、見直しは不要だと判断の上業務を実施。
報酬額 30万円
東証一部上場J社 実施概要 未上場会社の株式(100%)を取得するための株価算定業務。
時価純資産法により株価を算定。依頼会社に比して対象会社の規模は小さく、また、対象会社の財務諸表も適切に作成されており、財務諸表の修正に掛かる追加的な作業の手間が大きくないと判断の上、業務を実施。
報酬額 30万円
JASDAQ上場K社 実施概要 未上場会社の株式(30%程度)を取得するための株価算定業務。
DCF法、純資産法の折衷により株価を算定。対象会社の規模は小さく、また、将来計画は会社によって過年度の実績を反映の上、保守的に作成されていたため、見直しは不要だと判断の上業務を実施。
報酬額 40万円
JASDAQ上場L社 実施概要 商標権取得に際する評価業務。
権利の内容を契約書等で把握の上、エイゾン・パートナーズが将来収益をシミュレーションし、DCF法により評価を実施。
報酬額 70万円
JASDAQ上場M社 実施概要 海外未上場会社の種類株式の売却に際する価値算定業務。
契約書等により種類株式の権利内容を把握の上、各種権利の価値合計額として算定額を求めた。なお、各種書類は英語で入手。その他同社の将来計画等の作成は会社が実施し、見直しは不要であった。
報酬額 50万円
東証一部上場N社 実施概要

未上場会社の株式(20%程度)を取得するための株価算定業務。
DCF法、時価純資産法、マルチプル法の折衷により株価算定を実施。DCF法の前提となる対象会社の将来計画作りも一部関与。(第三者への開示対象)

報酬額 100万円
東証二部上場O社 実施概要

未上場会社の株式100%を取得するための株式交換比率の算定業務。
DCF法、市場株価法により両社株式を算定し、交換比率を算定。(第三者への開示対象)

報酬額 160万円
JASDAQ上場P社 実施概要 同社のストックオプションの価値評価業務。
プレーンバニラオプションを前提としたストックオプションの価値評価業務をブラックショールズモデルにより実施。
報酬額 40万円
東証二部上場Q社 実施概要 同社が発行する新株予約権の価値評価業務。
第三者割当による新株予約権(権利行使のために業績達成条件が付されている)の価値評価業務をモンテカルロ・シミュレーション(シミュレーション回数は10万回)により実施。
報酬額 150万円
JASDAQ上場R社 実施概要 同社が発行する新株予約権の価値評価業務。
第三者割当による新株予約権(権利行使のために業績達成条件が付されている)の価値評価業務をモンテカルロ・シミュレーション(シミュレーション回数は10万回)により実施。
報酬額 100万円
お気軽にお問い合わせください

タイ進出支援